« つたわり/つたわれ!/峯田に美津留 | トップページ | popdod/BEAT CRUSADERS »

これがSHM-CDだ!ロックで聴き比べる体験サンプラー/V.A.

2008年5月30日購入。

2008年発売のSHM-CDのサンプル盤を買った。

SHM-CDとはSuper High Material CDのことで、通常のCDとは別種の樹脂を採用して透明度が上がったことにより音が良くなっている。

洋楽ロックの名曲が17曲。

CDとSHM-CDの2枚組で聴き比べるようになってる。

聴き比べてみると若干音は良くなっているようだ。

はっきりとわかるのは同じボリュームでもSHM-CDの方が音が大きく聞こえるということ。

マスターのレベル調整はしていなくて、透明度が増したことによってレーザーの読み取りが良くなり一音一音がクリアになっているからだということらしい。

単純にはっきり聞こえるだけじゃなくてなぜかアナログのようにまろやかに聞こえる。

値段が上がって批判的な人もいるけど普通のCDプレイヤーで聞けるディスクで音が良くなることはいいことだと思う。

音は別にして洋楽のコンピレーション・アルバムとしても楽しめる。

17曲入って1000円は安い。

美しいメロディをやさしく歌っているヴェルヴェット・アンダーグラウンドの「日曜の朝」、どこか懐かしいメロディのロッド・スチュワートの「マギー・メイ」、軽快なロックンロールのザ・キンクスの「ヴィクトリア」、サザン・ロックのレーナード・スキナードの「スウィート・ホーム・アラバマ」、シンプルなハード・ロックのフリーの「オール・ライト・ナウ」、オーケストラと共演したムーディー・ブルースの「サテンの夜」、有名なギター・リフのイントロのキッスの「デトロイト・ロック・シティ」、メロディアスな曲をパワフルに歌ったスリー・ドッグ・ナイト「ジョイ・トゥ・ザ・ワールド」、ストリングスが印象的なザ・スタイル・カウンシルの「シャウト・トゥ・ザ・トップ」が好きだな。

|

« つたわり/つたわれ!/峯田に美津留 | トップページ | popdod/BEAT CRUSADERS »

洋楽(V.A.)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これがSHM-CDだ!ロックで聴き比べる体験サンプラー/V.A.:

« つたわり/つたわれ!/峯田に美津留 | トップページ | popdod/BEAT CRUSADERS »