カテゴリー「洋楽(A)」の26件の記事

グッバイ・ララバイ/アヴリル・ラヴィーン

2011年3月2日CDを購入。

アヴリル・ラヴィーンの2011年発売の4枚目のアルバム。

DVDとステッカー付きの初回生産限定盤を買った。

初回生産限定盤のCDにはボーナス・トラックが5曲収録されている。

ポップで派手な前作と変わって歌を聞かせるのを重視した落ち着いたアルバムになっている。

シングル・カットされた「ワット・ザ・ヘル」は明るい派手な曲だけど、他は元気のないアヴリルなんてと思って買うのを迷っていたが、試聴した最後の曲「バッド・レピュテーション」を聴いて買うのを決めた。

アヴリルはパンキッシュな曲が好きだけど、じっくり聴いてみるとこのアルバムの静かな曲もメロディアスだし歌もうまいしなかなかいい。

歌詞は旦那との恋の始まりから別れまでを表現しているようにも思える。

DVDは「メイキング・オブ・グッバイ・ララバイ」というタイトルで、レコーディング風景、アルバム・カバー写真撮影風景、インタビューなどが収録されている。

明るく元気な「ワット・ザ・ヘル」、メロディアスな「ウィッシュ・ユー・ワー・ヒア」、軽快な「ストップ・スタンディング・ゼア」、切ない「エヴリバディ・ハーツ」、切迫感のある「ノット・イナフ」、荘厳な「アリス(エクステンディッド・ヴァージョン)」、ストリングスが美しいバラードの「リメンバー・ホエン」、ボーナス・トラックのアルバム収録曲のアコースティック・ヴァージョンの「ワット・ザ・ヘル(アコースティック・ヴァージョン)」、「ウィッシュ・ユー・ワー・ヒア(アコースティック・ヴァージョン)」、日本盤ボーナス・トラックのボブ・ディランのカバーの「天国への扉」、ボーナス・トラックのジョーン・ジェット&ブラックハーツのカバーのパンキッシュな「バッド・レピュテーション」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベスト・ダム・シング‐スペシャル・エディション/アヴリル・ラヴィーン

2008年1月5日購入。

アヴリル・ラヴィーンの2007年発売のサード・アルバム。

4月に発売された通常盤も買ったけど、CDに4曲追加されDVD付き紙スリーブ・ケース仕様のスペシャル・エディションも買った。

ジャケット・サイズのカレンダーが付いていた。

その後通常盤は売ってしまった。

最初通常盤は持ってるからどうしようかと思ったけど、試聴したら「ガールフレンド」や「アイ・キャン・ドゥ・ベター」の歌詞の一部が消されてないし、「アイ・キャン・ドゥ・ベター(アコースティック)」がかっこよかったから買うことにした。

「ガールフレンド(日本語バージョン)」の《へいへい、あの子はイマイチ》には力が抜けたけど。

Amazonのレビューを見ると否定的な意見が多くて驚いたが、俺はロック色が強くアップテンポな曲が多くて大好きなアルバムだ。

DVDにはオレンジ・ラウンジでのライブが4曲とPVが4曲収録されている。

弾ける「ガールフレンド」、パンキッシュな「アイ・キャン・ドゥ・ベター」、サビがメロディアスな「ラナウェイ」、トニー・バジルの「ミッキー」を思い起こされるチアリーディング向けの「ベスト・ダム・シング」、メロディアスなバラードの「ホエン・ユーアー・ゴーン」、エネルギッシュな「エヴリシング・バック・バット・ユー」、ハイスピードの「アイ・ドント・ハフ・トゥ・トライ」、疾走感溢れる「ワン・オブ・ゾーズ・ガールズ」、映画「エラゴン 遺志を継ぐ者」の主題歌の「キープ・ホールディング・オン」、軽快なイントロが印象的な「アローン」、アコースティックでも渋くてかっこいい「アイ・キャン・ドゥ・ベター(アコースティック)」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グレイテスト・ヒッツ/エアロスミス

2007年10月3日中古品を購入。

エアロスミスの1980年発売のベスト・アルバム。

デビューした1973年から1979年までの曲が収録されている。

全10曲シングルになった曲ばかりなので聴いたことのある曲が多い。

ビートルズの「カム・トゥゲザー」もカバーしている。

ドラマチックでメロディアスな「ドリーム・オン」、サビメロが綺麗な「スウィート・エモーション」、ランD.M.C.がカバーしてヒットした「ウォーク・ディス・ウェイ」、スライド・ギターと後半のシャウトがかっこいい「ドロー・ザ・ライン」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リレーションシップ・オブ・コマンド/アット・ザ・ドライヴイン

2007年8月22日中古品を購入。

アット・ザ・ドライヴインの2000年発売のサード・アルバムでメジャー・デビュー・アルバム。

日本盤にはボーナス・トラックが2曲入っている。

アット・ザ・ドライヴインはrockin'onでプッシュしてて試聴してなかなかよかったのでいつか中古で買おうと思っていた。

かなり時間が経ってから中古を見つけて買ってはみたが試聴の時と印象が違ってあまり好きなタイプではなかった。

特にボーカルがラップ的なのが好きではない。

声も好みではないしなんで試聴の時にいいと思ったのか疑問だ。

サウンドはかっこいいからこういうボーカルが好きな人には最高だろうけど。

覚えやすいサビメロの「パターン・アゲンスト・ユーザー」は好きだな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナイト・ファンタジー/アルド・ノヴァ

2006年1月9日中古品を購入。

アルド・ノヴァの1982年発売のファースト・アルバム。

シングル・ヒットした「ファンタジー」が好きでカセットに録音してあったが、その後は目立ったヒットはなかったような気がする。

中古で「ファンタジー」が収録されているファースト・アルバムがあったので買った。

日本ではマイナーなアーティストなので中古が出てたのは奇跡的だな。

アルド・ノヴァはマルチ・ミュージシャンでこのアルバムでもドラム以外は自分で演奏している。

シンセの軽い音はモロ80年代って感じだが、ギターはなかなかかっこいい。

ハードでメロディアスな「ファンタジー」、スピード感溢れる「ハート・トゥ・ハート」、エイジアっぽい「フーリン・ユアセルフ」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルカトラス/アルカトラス

2005年9月11日中古品を購入。

アルカトラスの1993年発売のファースト・アルバム。

グラハム・ボネットはレインボー時代のPVでハード・ロック系には珍しいスーツにショートヘアのオールバック姿なのが印象的だった。

声は好きなのでソロの「セット・ミー・フリー」やマイケル・シェンカー・グループにいた時やアルカトラスの曲はカセットに録音してあったがアルバムは買っていなかった。

「アイランド・イン・ザ・サン」は大好きなので中古でこのアルバムを見つけた時には迷わず買った。

グラハム・ボネットの4オクターブと言われているボーカルは凄まじい。

このアルバムで天才ギタリスト、イングヴェイ・マルムスティーンが世界的に有名になった。

リッチー・ブラックモア風で速弾きがすごい。

ポップでメロディアスな「アイランド・イン・ザ・サン」、疾走感溢れる「ジェット・トゥ・ジェット」、イングヴェイの速弾きのイントロで始まる「ヒロシマ・モナムール」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンダー・マイ・スキン ~スペシャル・エディション~/アヴリル・ラヴィーン

2005年3月6日購入。

アヴリル・ラヴィーンの2004年発売のセカンド・アルバム。

2005年に発売されたDVD付きのスペシャル・エディションを買った。

ボーナス・トラック2曲とボーナス・ライヴ・トラック4曲と合わせて全18曲になっている。

なんか2枚目は落ち着いた感じになってしまうというよくあるパターンになっている。

元気のあるのは「ヒー・ワズント」とボーナス・トラックの「アイ・オールウェイズ・ゲット・ワット・アイ・ウォント」だけか。

アヴリルにはまだまだ弾けていてほしいな。

DVDにはPV3曲と「ボーンズ・ツアー・ドキュメント」とアルバムについて話している「アンダー・マイ・スキン・ダイアリー」が収録されている。

「ボーンズ・ツアー・ドキュメント」と「アンダー・マイ・スキン・ダイアリー」はアヴリルのことがよくわかっておもしろい。

パンキッシュな「ヒー・ワズント」、力強い「フリーク・アウト」、ハイスピードの「アイ・オールウェイズ・ゲット・ワット・アイ・ウォント」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詠時感~時へのロマン~/エイジア

2005年2月4日中古品を購入。

エイジアの1983年発売のファースト・アルバム。

レコードでも持っているがCDでも購入した。

内容は2008年12月20日の記事を参照して下さい。

http://m-cc134904e537df00-m.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-4d70.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライヴ・モスクワ 09-XI-90/エイジア

2004年11月14日中古品を購入。

エイジアの1991年発売のライブ・アルバム。

1990年11月9日にモスクワ・オリンピック・スタジアムで録音されている。

今はまたオリジナル・メンバーに戻っているが、この時はギターが三代目のパット・スロールになっている。

ルーツであるキング・クリムゾンの「スターレス」や「ブック・オブ・サタデー」やバグルスの「ラジオ・スターの悲劇」も演奏している。

未発表曲の「キャリ・アン」が収録されているのは貴重だ。

エイジアはメンバー・チェンジが多いがやっぱりボーカルはジョン・ウェットンがいいよな。

ポップな「ドント・クライ」、イントロのキーボードがかっこいい「時へのロマン」、後半のインスト部分はカットしたクリムゾンの名曲「スターレス」、メロディアスな「嘘りの微笑み(パートⅠ&Ⅱ)」、ヘビメタ風のギター・サウンドの「ゴー」、イントロのギターを聴いただけで盛り上がってしまう大ヒット曲の「ヒート・オブ・ザ・モーメント」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

征服者/AC/DC

2004年4月24日中古品を購入。

AC/DCの1983年発売のアルバム。

傑作と言われている「バック・イン・ブラック」と「悪魔の招待状」に続くアルバムだけに地味だとか評価が低かったりするけど、なかなかいいアルバムだと思うけどね。

全10曲のうちの何曲かをFMから録音してあって、リアルタイムでよく聴いていた。

ヘビーな「ライジング・パワー」、アップテンポな「征服者」、疾走感のある「ランドスライド」、明るいメロディの「殺しの報酬」、サビが強烈な印象を残す「ディープ・イン・ザ・ホール」、ギター・リフがかっこいい「ベルギー精神病院」、ドライブ感がたまらない「ブレイン・シェイク」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他 クルマ2012 クルマ2013 クルマ2014 ダイヤモンド二子山2011 ダイヤモンド二子山2012 ダイヤモンド二子山2013 ダイヤモンド二子山2014 ダイヤモンド富士2012 ダイヤモンド富士2013 ダイヤモンド富士2014 バイク1987 バイク1988 バイク1997 バイク2011 バイク2012 バイク2013 バイク2014 洋楽(A) 洋楽(B) 洋楽(C) 洋楽(D) 洋楽(E) 洋楽(F) 洋楽(G) 洋楽(H) 洋楽(I) 洋楽(J) 洋楽(K) 洋楽(L) 洋楽(M) 洋楽(N) 洋楽(O) 洋楽(P) 洋楽(R) 洋楽(S) 洋楽(U) 洋楽(V) 洋楽(V.A.) 洋楽(W) 洋楽(Y) 洋楽(Z) 邦楽(あ) 邦楽(い) 邦楽(う) 邦楽(え) 邦楽(お) 邦楽(か) 邦楽(き) 邦楽(く) 邦楽(け) 邦楽(こ) 邦楽(さ) 邦楽(し) 邦楽(す) 邦楽(せ) 邦楽(そ) 邦楽(た) 邦楽(ち) 邦楽(て) 邦楽(と) 邦楽(な) 邦楽(に) 邦楽(ね) 邦楽(は) 邦楽(ひ) 邦楽(ふ) 邦楽(へ) 邦楽(ほ) 邦楽(ま) 邦楽(み) 邦楽(め) 邦楽(も) 邦楽(や) 邦楽(ゆ) 邦楽(よ) 邦楽(ら) 邦楽(れ) 邦楽(ろ) 邦楽(わ) 邦楽(V.A.)