カテゴリー「洋楽(L)」の27件の記事

ベスト・オブ・レッド・ツェッペリン~リマスターズ/レッド・ツェッペリン

2006年4月2日購入。

レッド・ツェッペリンの1990年発売の2枚組のベスト・アルバム。

2006年に再発売されたワーナー・ミュージック・ジャパン35周年記念のスペシャルプライスの完全限定盤を買った。

全曲ジミー・ペイジによってリマスターされている。

ツェッペリンのアルバムは全部持っているのにベストを買ったのはリマスターされているからだ。

音はかなり良くなっている。

選曲はまあまあかな。

初めてツェッペリンを聴く人には十分だ。

俺にとってはアルバム「最終楽章〈コーダ〉」からは1曲も無いのが残念だ。

編集アルバムだから仕方ないのか。

勢いのある「コミュニケイション・ブレイクダウン」、ヘビーな名曲「胸いっぱいの愛を」、ギターソロの後の爆発ぶりがカッコイイ「ハートブレイカー」、ブルーザー・ブロディを思い出すど迫力の「移民の歌」、ドライブ感のある「ロックン・ロール」、美しい名曲「天国への階段」、イントロがカッコイイ「永遠の詩」、感動的なバラードの「レイン・ソング」、幻想的な「カシミール」、ヘビーな「俺の罪」、疾走感溢れる「アキレス最後の戦い」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リバティーンズ革命 ファイナル・エディション/ザ・リバティーンズ

2005年4月9日購入。

ザ・リバティーンズの2004年発売のセカンド・アルバム。

DVD付きで2005年に再発売されたものを買った。

紙スリーブ&CD-EXTRA仕様。

日本盤のみのボーナス・トラックが3曲入っている。

リバティーンズはrockin'onを読んで気になっていたのかな?

ファースト・アルバムは買ってないのにいきなりこれを買ったのはDVDが付いていたからだと思う。

Amazonのレビューを見るとパンク色の強いファースト・アルバムの方が俺の好みみたいだけど、このアルバムもポップでメロディアスなロックンロールの曲もあって楽しめる。

でも3曲目の「Don't Be Shy」みたいにあまりにも下手だよなぁって思う曲もあったりもする。

CD-EXTRAには「What Became Of The Likely Lads」のPVが収録されている。

「BOYS IN THE BAND」というタイトルのDVDにはライブ映像やPVや写真やインタビューが収録されている。

ポップでメロディアスな「Can't Stand Me Now」、アップテンポな「Last Post On The Bugle」、ほのぼのする「What Katie Did」、ボーナス・トラックのコーラスが印象的な「Don't Look Back Into The Sun(New Version)」が好きだな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

伝説のライヴ -HOW THE WEST WAS WON-/レッド・ツェッペリン

2003年7月21日中古品を購入。

レッド・ツェッペリンの2003年発売の3枚組ライブ・アルバム。

3面デジパック仕様。

1972年にL.A.フォーラムとロングビーチ・アリーナで録音されている。

ツェッペリンのライブがすごいのは当然として、さらに音もいい。

大迫力の「移民の歌」、長いギター・ソロの後の爆発ぶりがすごい「ハートブレイカー」、静かに始まったと思ったらいきなり爆発する「丘のむこうに」、プラントが一部キーを下げて歌っているのが惜しい名曲「天国の階段」、アコースティックな中に重いドラムが響く「スノウドニアの小屋」、ロックンロールのメドレーを含んで23分もある「胸いっぱいの愛を」、勢いのある「ロックン・ロール」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベスト・オブ・ローン・ジャスティス/ローン・ジャスティス

「ボブディラン 一緒にやった 曲あった」

1999年1月31日購入。

ローン・ジャスティスの1999年発売のベスト・アルバム。

全17曲中10曲がアルバム未収録の価値あるベスト盤。

この時代のマリア・マッキーの歌はほんとすごい。

ハイスピードの「ラトルスネイク・ママ」、ボブ・ディランの作品でボブ・ディランとロン・ウッドがギターで参加している「ゴー・アウェイ・リトル・ボーイ」、マリアのシャウトにノックアウトされる「エデンの東」、カントリーっぽい「さまよう恋」、U2のボノが飛び入りで歌っている「スウィート・ジェーン(Live)」、勢いのあるロックンロールの「アイ・ファウンド・ラヴ」、メロディアスな「シェルター」、かなりアレンジを変えている「スウィート・スウィート・ベイビー(Live)」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーズ +8/ラーズ

「思うまま 作ったものが 聴きたいな」

1999年1月24日購入。

ラーズの1990年発売のファースト・アルバムにボーナス・トラックを8曲付けて1998年に発売された。

ラーズはリアルタイムでは知らず、キャストを好きになってから知った。

レコード会社と対立してレコーディングを途中で放棄してしまったアルバムなので、名曲「ゼア・シー・ゴーズ」はともかく他はあまりぱっとしない。

もろ60年代のブリティッシュ・ロックな美しいメロディの名曲「ゼア・シー・ゴーズ」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フックト・オン・クラシック Vol.1/ルイス・クラーク指揮ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

「クラシック ポップに変えた 名盤だ」

1998年9月16日購入。

レコードを持っているがCDでも購入した。

新品を1029円で売っていた怪しいCD。

知らない会社が輸入していて、録音レベルも低いし、海賊盤を輸入したのかな?

内容は2008年11月28日の記事を参照して下さい。

http://m-cc134904e537df00-m.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-d515.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

永遠の詩 レッド・ツェッペリン 狂熱のライブ/レッド・ツェッペリン

「ボーナムが 素手でドラムを 叩いてる」

1998年9月16日購入。

レッド・ツェッペリンの1976年発売のライブ・アルバム。

映画「レッド・ツェッペリン 狂熱のライブ」のサウンドトラックとして発売された。

1973年マジソン・スクエア・ガーデンでのライブを収録したものに少し手を加えてあるようだ。

俺が最初にこのライブを聴いたのは高校時代にブルースが好きなベース弾きのクラスメイトからダビングしたカセットテープを借りてだったな。

その時の感想は覚えてないけど「幻惑されて」とか「胸いっぱいの愛を」が長いよなぁって思ってたかな?

今でも思うけど。

インプロをダラダラやられるのは好きじゃないんだよなぁ。

映画を観ればわかるけど「モビー・ディック」の途中でボンゾは素手でドラムを叩いている。

勢いのある「ロックン・ロール」、イントロがカッコイイ「永遠の詩」、感動的なバラードの「レイン・ソング」、名曲「天国への階段」、ロックンロール・メドレーを含む「胸いっぱいの愛を」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BBCライヴ/レッド・ツェッペリン

「FMで 放送してた 渋谷さん」

1997年11月20日購入。

レッド・ツェッペリンの1997年発売のライブ・アルバム。

1969年と1971年のBBCライヴ音源をジミー・ペイジがマスタリングして発売したアルバム。

一部は昔FMで放送されて俺も録音してある。

DJは渋谷陽一だったな。

初期ツェッペリンの荒々しいライブが聴ける貴重なアルバムだ。

5ライブ分を1枚にまとめているので重複している曲もある。

勢いのある「コミュニケイション・ブレイクダウン」、単独とロックンロール・メドレーを含む2曲収録されている「胸いっぱいの愛を」、民謡調のリフが印象的な「ハウ・メニー・モア・タイムズ」、ど迫力の「移民の歌」、ギターソロ後が盛り上がる「ハートブレイカー」、まだ4枚目のアルバム発売前で観客があまり盛り上がってない「天国への階段」、渋いバラードの「サンキュー」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベスト・オブ・リオ!〜バナナ・スプリット'96〜/リオ

「フランス語 どうしてこんなに 気持ちいい」

1996年6月9日購入。

リオの1996年発売のベスト・アルバム。

リオは1981年頃FMから録音したのが最初。

テクノ・ポップにのるキュートなフランス語のボーカルがよかった。

ベストが出たので買ってみたが倉田まり子がカバーした「恋はアミ・アミ」が入っていないのが残念だな。

「バナナ・スプリット」のリミックスが3曲も入っている。

元P-MODELの福間創さんもリオはお気に入りと言っていたな。

テクノ・ポップな「バナナ・スプリット」、アップテンポな「ファレ・パ・コモンセ」、弾んだ感じの「ひとりぼっちの恋人たち」、疾走感のある「スゥイット・シクスティン」が好きだな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッド・ツェッペリンⅡ/レッド・ツェッペリン

1995年9月9日、中古品を購入。

レコードを持っているがCDでも購入した。

内容は2008年12月19日の記事を参照して下さい。

http://m-cc134904e537df00-m.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-40cb.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他 クルマ2012 クルマ2013 クルマ2014 ダイヤモンド二子山2011 ダイヤモンド二子山2012 ダイヤモンド二子山2013 ダイヤモンド二子山2014 ダイヤモンド富士2012 ダイヤモンド富士2013 ダイヤモンド富士2014 バイク1987 バイク1988 バイク1997 バイク2011 バイク2012 バイク2013 バイク2014 洋楽(A) 洋楽(B) 洋楽(C) 洋楽(D) 洋楽(E) 洋楽(F) 洋楽(G) 洋楽(H) 洋楽(I) 洋楽(J) 洋楽(K) 洋楽(L) 洋楽(M) 洋楽(N) 洋楽(O) 洋楽(P) 洋楽(R) 洋楽(S) 洋楽(U) 洋楽(V) 洋楽(V.A.) 洋楽(W) 洋楽(Y) 洋楽(Z) 邦楽(あ) 邦楽(い) 邦楽(う) 邦楽(え) 邦楽(お) 邦楽(か) 邦楽(き) 邦楽(く) 邦楽(け) 邦楽(こ) 邦楽(さ) 邦楽(し) 邦楽(す) 邦楽(せ) 邦楽(そ) 邦楽(た) 邦楽(ち) 邦楽(て) 邦楽(と) 邦楽(な) 邦楽(に) 邦楽(ね) 邦楽(は) 邦楽(ひ) 邦楽(ふ) 邦楽(へ) 邦楽(ほ) 邦楽(ま) 邦楽(み) 邦楽(め) 邦楽(も) 邦楽(や) 邦楽(ゆ) 邦楽(よ) 邦楽(ら) 邦楽(れ) 邦楽(ろ) 邦楽(わ) 邦楽(V.A.)