カテゴリー「邦楽(な)」の30件の記事

海賊盤/中村一義

2016年3月3日通販で購入したCDが届いた。

中村一義の2016年3月2日発売の6枚目のアルバム。

DVD付きスペシャルスリーブ仕様の初回限定盤を買った。

前作を作ったあと音楽活動を辞めようと思っていたとインタビューで語っていて驚いた。

結局思い直してライブを重ねてから作られた4年ぶりのアルバムは明るく生き生きとしたアルバムになっている。

シークレットトラックで「魔法をかけてやる‼」のライブ・バージョンが収録されている。

DVDには「スカイライン」のMV2本とドキュメンタリーが収録されている。

開放的な「スカイライン」、メロディアスな「我燦々」、サビのグルーヴ感がたまらない「大海賊時代」、女性ボーカルが効果的な「あれやこれや」が好きだな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

対音楽/中村一義

2012年7月12日通販で購入したCDが届いた。

中村一義の2012年7月11日発売のソロ名義としては5枚目のアルバム。

スリーブ仕様のCD+DVDの初回盤を買った。

予想通り100sから離れて再びソロになった中村一義が出したアルバムは自分の音楽のルーツであるベートーヴェンの交響曲第一番から第九番までのフレーズを使った9曲によるコンセプト・アルバムだった。

10曲目には特別曲としてピアノソナタ第八番「悲愴」のフレーズを含む「僕らにできて、したいこと」の100st.でのライブ音源が収録されている。

俺はクラシックはそんなに詳しくないので交響曲第五番と第九番ぐらいしかわからないけど別にクラシックを知らなくても普通に中村一義の曲だなって感じで聴ける。

すべての楽器を中村一義が演奏しているサウンドは100sを知っている人には物足りなさを感じるかもしれないな。

DVDには中村一義によるアルバム解説と「運命」のミュージック・ビデオが収録されている。

メロディアスな「ウソを暴け! -ALBUM ver.-」、アップテンポな「流れるものに -ALBUM ver.-」、ポップな「銀河鉄道より」、ベスト盤に入っていた時はぱっとしなかったがストリングスが入って美しく生まれ変わった「愛すべき天使たちへ」、感動的な「歓喜のうた」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

最高宝/中村一義

2011年4月12日CDを購入。

中村一義の2011年発売の2枚組ベスト・アルバム。

CD+DVDとCDのみの2形態で発売されてCD+DVDの方を買った。

当初2011年3月6日発売の予定だったが3月13日に延期になり、さらに東日本大震災の影響で4月13日に延期になった。

中村一義ファンの著名人が選曲していて、ソロ時代だけでなく100s時代の曲も収録されている。

ブックレットには選曲した人のコメントが書かれている。

全曲リマスタリングされていて、未発表曲も2曲収録されている。

DVDにはPVが24曲収録されている。

ブックレットにもジャケットにも特に100sの曲と明記されてはなく編曲に100sと表記されているだけで、知らない人は全部中村一義名義の曲だと思うかもしれない。

インタビューで次はひとりだと語っていたので100sは活動停止か解散かな?

残念だけど中村一義の次のステップも楽しみだ。

おそらくその区切りの意味もあるであろうこのベスト・アルバムは名曲揃いで初めて中村一義を聴く人にはいいだろうな。

日本語がかっこよく聞こえるポップな「犬と猫」、リズムは6拍子で歌は2拍子に聞こえる「ここにいる」、明るくメロディアスな「主題歌」、《絶対に歌を止めない》という歌詞がうれしい「ピーナッツ」、勢いのある「ショートホープ」、《死ぬように生きていたくはない》という渡辺美里の曲のような歌詞の力強い曲「キャノンボール」、ビートルズっぽい「扉の向こうに」、疾走感溢れるロックンロールの「いきるもの」、メロディアスでグルーヴ感がすごい「希望」、イントロがかっこいい「つたえるよ」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LOUDSPEAKER/No.10 Apartments

2009年8月15日第14回南足柄市ポピュラーミュージックフェスティバル(PMF)会場でCDを入手。

アマチュア・バンドのNo.10 Apartmentsの3曲入りデモCD。

デモだから音が悪くて特にボーカルが前に出ていないのはしかたないか。

ちゃんとしたレコーディングで聴いてみたいな。

メロディが印象に残る「PEACE」、疾走感溢れる「DIRECT AGGRESSION」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OMOIDE IN MY HEAD 4 ~珍 NG & RARE TRACKS~/NUMBER GIRL

2006年1月2日購入。

ナンバーガールの2005年発売の2枚組のコンピレーション・アルバム。

初回生産限定盤のDVD付きを買った。

3方背BOX仕様。

解散してしまったナンバガの過去の音源・映像を発売する「omoide in my head project」というプロジェクトの第4弾。

発表はされているが入手困難な初期音源、デモ・レコーディングなどの未発表音源、コンピレーション・アルバムにのみ収録されている音源を収録したアルバムになっている。

まあマニア向けだね。

全曲解説が付いていてわかりやすい。

「珍 VISUAL BOOK」ではNGになったジャケットのデザインが見られる。

DVDは「US ドキュメント 2000」というタイトルが付いていて、アメリカでのレコーディング風景やライブの様子が収録されている。

疾走感溢れる「YOUNG」、ポップな「おおキャンディ」、ギターがかっこいい「SPACE GIRL~加速装置~」、少々おとなしくメロディも違う部分がある「透明少女(東京レコーディング Ver.)」、アイドルみたいにポップな「真っ昼間ガール(田渕ひさ子 Ver.)」、ザ・フーのカバーの「SUBSTITUTE(ライヴ at 東京・日比谷野外大音楽堂)」、パワフルなロックンロールの「Tombo the electric bloodred(ラフ Mix Ver.)」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OMOIDE IN MY HEAD 2 ~記録シリーズ2~/NUMBER GIRL

2005年6月26日購入。

ナンバーガールの2005年発売の4枚組BOXセット。

初回生産限定盤のDVD付きを買った。

解散してしまったナンバガの過去の音源・映像を発売する「omoide in my head project」というプロジェクトの第2弾。

OMOIDE IN MY HEAD 2 ~記録シリーズ1~と同時発売。

2002年の「NUM-HEAVYMETALLIC」ツアーのライブ音源からセレクトされている。

過去にライブ会場で販売されていた「記録シリーズ」と同じ内容。

こちらも記録シリーズ1と同様にマニア向けで同じ曲が何曲も収録されている。

こちらは向井の歌の下手さがあまり気にならないのはメロディアスな曲が減ったからかそれとも上手くなったからなのか。

DVDは「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2002 LAKE STAGE 2002.8.10」というタイトルで国営ひたち海浜公園でのライブ映像が収録されている。

このライブ映像は圧巻で以前の「記録シリーズ」を持っている人もこれは欲しいだろうな。

記録シリーズ1と同様にこちらもブックレットの紙質が悪くもう変色してしまっている。

特大のライブ年表も付いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OMOIDE IN MY HEAD 2 ~記録シリーズ1~/NUMBER GIRL

2005年6月26日購入。

ナンバーガールの2005年発売の4枚組BOXセット。

初回生産限定盤のDVD付きを買った。

解散してしまったナンバガの過去の音源・映像を発売する「omoide in my head project」というプロジェクトの第2弾。

OMOIDE IN MY HEAD 2 ~記録シリーズ2~と同時発売。

1998年から2001年のライブ音源からセレクトされている。

過去にライブ会場で発売された「記録シリーズ」と一部重複している。

それぞれ4200円なのでかなりの出費になってしまった。

CD4枚とDVD1枚で4200円なら安いとも言えるが、内容はマニア向けで同じ曲が何曲も入ってたりする。

俺も一度聴いただけで今回聴くまで聴いてなかった。

久しぶりに聴いたら演奏は素晴らしいんだけど、向井の歌の下手さが気になった。

ラモーンズやフーやビブッチャーズのカバー曲が聴けるのは貴重だ。

DVDは「S×SW '99 in Austin,Texas」というタイトルでアメリカでのライブが収録されている。

関係者の対談が載ったブックレットの紙質が最悪でもう変色してしまっている。

特大のライブ年表は裏が写真でポスターにもなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OMOIDE IN MY HEAD 1 ~BEST&B-SIDES~/NUMBER GIRL

2005年3月6日購入。

ナンバーガールの2005年発売の2枚組ベスト・アルバム。

3方背BOX仕様。

DISC 1はベストでDISC 2はシングルのカップリング曲集になっている。

解散してしまったナンバガの過去の音源・映像を発売する「omoide in my head project」というプロジェクトの第1弾。

なぜか初期の曲が音がよくなっているような気がする。

シングルを全部持ってなかったのでアルバムに入っていないシングル曲とカップリング曲が聴けたのはうれしかった。

ハイスピードの「裸足の季節」、メロディアスな「透明少女」、ピクシーズのカバーの「WAVE OF MUTILATION」、パンキッシュな「TEENAGE CASUALTIES」、乱れ太鼓叩きまくりの「INAZAWA CHAINSAW」、組曲のような構成の「MUKAI NIGHT」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッポロOMOIDE IN MY HEAD状態/NUMBER GIRL

2003年6月1日中古品を購入。

ナンバーガールの2003年発売のライブ・アルバム。

札幌PENNY LANE 24でのラスト・ライブが収録されている。

初期のアルバムは音が悪かったので、このライブ盤の方が音がいいくらい。

一度もライブを観ないうちに解散してしまったのが残念だ。

メロディアスでパンキッシュな「透明少女」、ハイスピードの「MANGASICK」、イントロがかっこいい「日常に生きる少女」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NUM-AMI-DABUTZ/NUMBER GIRL

2003年6月1日中古品を購入。

ナンバーガールの2002年発売のシングル。

アルバム「NUM-HEAVYMETALLIC」の先行シングルで、後期ツェッペリンのようなギターとドラムのアンサンブルのイントロから始まる。

歌は念仏のようなラップのような感じ。

カップリング曲もベビーなサウンドで歌メロがほとんどないのが特徴。

組曲のような構成の「MUKAI NIGHT」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他 クルマ2012 クルマ2013 クルマ2014 ダイヤモンド二子山2011 ダイヤモンド二子山2012 ダイヤモンド二子山2013 ダイヤモンド二子山2014 ダイヤモンド富士2012 ダイヤモンド富士2013 ダイヤモンド富士2014 バイク1987 バイク1988 バイク1997 バイク2011 バイク2012 バイク2013 バイク2014 洋楽(A) 洋楽(B) 洋楽(C) 洋楽(D) 洋楽(E) 洋楽(F) 洋楽(G) 洋楽(H) 洋楽(I) 洋楽(J) 洋楽(K) 洋楽(L) 洋楽(M) 洋楽(N) 洋楽(O) 洋楽(P) 洋楽(R) 洋楽(S) 洋楽(U) 洋楽(V) 洋楽(V.A.) 洋楽(W) 洋楽(Y) 洋楽(Z) 邦楽(あ) 邦楽(い) 邦楽(う) 邦楽(え) 邦楽(お) 邦楽(か) 邦楽(き) 邦楽(く) 邦楽(け) 邦楽(こ) 邦楽(さ) 邦楽(し) 邦楽(す) 邦楽(せ) 邦楽(そ) 邦楽(た) 邦楽(ち) 邦楽(て) 邦楽(と) 邦楽(な) 邦楽(に) 邦楽(ね) 邦楽(は) 邦楽(ひ) 邦楽(ふ) 邦楽(へ) 邦楽(ほ) 邦楽(ま) 邦楽(み) 邦楽(め) 邦楽(も) 邦楽(や) 邦楽(ゆ) 邦楽(よ) 邦楽(ら) 邦楽(れ) 邦楽(ろ) 邦楽(わ) 邦楽(V.A.)