カテゴリー「邦楽(も)」の2件の記事

MOST MOST/MOST

2003年12月8日購入。

Phewのパンク・バンド、MOSTの2003年発売のセカンド・アルバム。

セカンド・アルバムとなるとマイルドになったりするのがよくあるが、MOSTはそんなことはなかった。

かっこいいパンク・アルバムで最高だね。

サビがメロディアスな「ミニマルパンク」、《NO FUTUREなんて嘘っぱち》という歌詞がいかしてる「パンク魂2003」、Phewの怒りが爆発している「ここまでどこまで」、おもしろい歌詞の「朝だ」、多彩な構成の「夢だったら」、すごいストレートでパンクな歌詞の「小市民パンクス」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MOST/MOST

2002年9月5日購入。

伝説のパンク・バンド、アーント・サリーのボーカルのPhewがソロを経て新たに作ったパンク・バンド、MOSTの2002年発売のファースト・アルバム。

やっぱりPhewのパンクな歌い方はかっこいい。

最近Phewはソロ名義では15年ぶりに「ファイヴ・フィンガー・ディスカウント~万引き」というアルバムを発売したが、その中でもやはりパンクな歌い方の「青年は荒野をめざす」が一番かっこよかった。

フューさんは今ベレケットというお店をやっていて、そこの通販で「ファイヴ・フィンガー・ディスカウント~万引き」を買ったんだけど、封筒の宛名はフューさんの直筆だった。

メールで「フューさんの直筆だったら封筒は捨てられません」って送ったら、「汚ない字なので破棄してくださいね」と返事が来た。

封筒もそのメールも大事に取っておきますよ、フューさん。

MOSTに戻るが、曲は山本精一と山本久士の両ギタリストが書いている。

豪快なツイン・ギターもかっこいい。

スピード感のある短い曲ばかりなのであっという間に終わってしまう。

まさにこれぞパンクというアルバム。

メロディを歌う部分とリフのように歌う部分の構成が絶妙な「点在・密集」、だんだんキーが上がっていくメロディが興奮を高める「破片風景」、後半のマシンガンのようなPhewの叫びがすごい「毎日」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他 クルマ2012 クルマ2013 クルマ2014 ダイヤモンド二子山2011 ダイヤモンド二子山2012 ダイヤモンド二子山2013 ダイヤモンド二子山2014 ダイヤモンド富士2012 ダイヤモンド富士2013 ダイヤモンド富士2014 バイク1987 バイク1988 バイク1997 バイク2011 バイク2012 バイク2013 バイク2014 洋楽(A) 洋楽(B) 洋楽(C) 洋楽(D) 洋楽(E) 洋楽(F) 洋楽(G) 洋楽(H) 洋楽(I) 洋楽(J) 洋楽(K) 洋楽(L) 洋楽(M) 洋楽(N) 洋楽(O) 洋楽(P) 洋楽(R) 洋楽(S) 洋楽(U) 洋楽(V) 洋楽(V.A.) 洋楽(W) 洋楽(Y) 洋楽(Z) 邦楽(あ) 邦楽(い) 邦楽(う) 邦楽(え) 邦楽(お) 邦楽(か) 邦楽(き) 邦楽(く) 邦楽(け) 邦楽(こ) 邦楽(さ) 邦楽(し) 邦楽(す) 邦楽(せ) 邦楽(そ) 邦楽(た) 邦楽(ち) 邦楽(て) 邦楽(と) 邦楽(な) 邦楽(に) 邦楽(ね) 邦楽(は) 邦楽(ひ) 邦楽(ふ) 邦楽(へ) 邦楽(ほ) 邦楽(ま) 邦楽(み) 邦楽(め) 邦楽(も) 邦楽(や) 邦楽(ゆ) 邦楽(よ) 邦楽(ら) 邦楽(れ) 邦楽(ろ) 邦楽(わ) 邦楽(V.A.)