カテゴリー「邦楽(や)」の16件の記事

U.K. Completion/Yaiko

2013年1月26日中古CDを購入。

矢井田瞳のYaiko名義の2002年1月23日発売のコンピレーション・アルバム。

紙ジャケット仕様。

中古だけどステッカーが付いていた。

矢井田瞳がイギリスで発売した2枚のシングルにライブ音源やリミックスがプラスされている。

大好きな曲「My Sweet Darlin'」の英語バージョンが聴きたくて買ったけど、他のバージョンはあまり好みではなかった。

同じ曲のリミックスが何曲もありマニア向け。

ほとんどの部分が英語で歌われている「How?(Live@Osaka Castle Hall)」、英語で歌詞の意味がわからなくても元気になる「My Sweet Darlin'(English Version)」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガリバー/野狐禅

2006年6月25日購入。

野狐禅の2006年発売の4枚目のアルバム。

野狐禅はNHKの「Top Runner」に出ているのを観て好きになった。

ギターとキーボードのフォーク・バンド。

竹原ピストルの声もいいが濱埜のピアノがロックしていていい。

他のアルバムも買いたいと思っているが、解散してしまったのは残念だった。

小田原のライブハウスに来た時に観ておけばよかったな。

濱埜のピアノがドラムのようにリズムを作っている「日々、割れた日々」、メロディアスな「青春ゴーズ・オン」、疾走感のある「不完全熱唱」、歌詞が素晴らしくピアノも美しくメロディアスで切ない名曲「ならば、友よ(アルバムバージョン)」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[アザティ]!?/ヤポネシアン・ボールズ・ファウンデーション

2002年12月22日中古品を購入。

ヤポネシアン・ボールズ・ファウンデーションの2002年発売のファースト・アルバム。

中古品だったけどステッカーが付いていた。

ジャケットのモデルはAV女優の夢野まりあ。

ソウル・フラワー・ユニオンの中川敬とヒートウェイヴの山口洋のロックンロール・バンド。

12曲中カバーが7曲ある。

ソウル・フラワー・ユニオンもいいけど、こういうシンプルなロックンロールもいいなぁ。

中川敬が日本語で歌うデッド・ケネディーズのパンキッシュな「KILL THE POOR」、山口洋が歌うメロディアスな「NO REGRETS」、ベースの渡辺圭一が日本語で歌うオンリー・ワンズのロックンロール「ANOTHER GIRL,ANOTHER PLANET」、ニューエスト・モデルの「報道機関が優しく君を包む」の歌詞を少し替えた「MASS COMMUNICATION ENFOLDS YOU GENTLY」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

i/Flancy/矢井田瞳

2002年11月12日購入。

ヤイコの2002年発売のサード・アルバム。

「Life's Like A Love Song(Live version~2002.夏.大阪~)」が収録された8cmCDが付いてくる初回限定盤を買った。

おとなしめのセカンド・アルバムに比べてアップテンポな曲が増えているのがうれしい。

さらにいいメロディの曲が多い。

サビの歌詞の乗せ方が気持ちいい「Creamed Potatoes」、ハイスピードな「アンダンテ」、メロディアスな「Ring my bell」、空に突き抜けるようなボーカルの「Dizzy dive」、壮大なバラードの「会いたい人」が好きだな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Candlize/矢井田瞳

2002年5月9日購入。

ヤイコの2001年発売のセカンド・アルバム。

ファースト・アルバムに比べておとなしくなった感じ。

明るいポップな曲が少なくてちょっとがっかり。

俺は勢いのあるファースト・アルバムの方が好きだな。

ポップでメロディアスな「Look Back Again」、アップテンポな「贅沢な世界」が好きだな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

daiya-monde/矢井田瞳

2000年10月27日購入。

矢井田瞳の2000年発売のファースト・アルバム。

ヤイコは「B'coz I Love You」で知ったのかな?

よく椎名林檎と比較されていたよな。

この曲の間奏は幸福論のイントロに似てる。

林檎に比べるとヤイコの曲はポップだし明るく大衆向けだな。

ヤイコは声がいいね。

特に裏声が。

アラニスっぽい「How? 」、疾走感のある「B'coz I Love You」、サビで裏声連発の大ヒット曲「My Sweet Darlin'」、ほのぼのする「もしものうた」が好きだな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CD-Y/YAPOOS

「新しい アルバムはいつ 出るのかな」

1999年1月17日購入。

ヤプーズの1999年発売のミニアルバム。

ライブ会場と通販でしか販売されず、再発されるまでは高値で流通していた。

俺は渋谷クラブ・クアトロのライブ会場で購入した。

新曲2曲と、詩の朗読と、短編小説の一人芝居が収録されている。

詩と短編小説は単行本「樹液すする私は虫の女」に書かれている。

一人芝居は短編小説の一部で続きはブックレットにも書かれている。

アンデス民謡っぽい「ヒト科」が好きだな。

現時点でこの後にヤプーズのアルバムは発売されていない。

もう11年も経ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HYS/YAPOOS

1995年6月24日購入。

ヤプーズの1995年発売の5枚目のアルバム。

アルバム・コンセプトは思春期で、キャッチコピーは「遅すぎた思春期。早すぎた更年期」だった。

戸川純はヘビーな思春期を過ごしているので、ヘビーなアルバムとなっているが、最後の「赤い花の満開の下」で少し救われる。

変幻自在のボーカルの「ヒス」、荘厳な「本能の少女」、ファースト・アルバムの「バーバラ・セクサロイド」の続編「シャルロット・セクサロイドの憂鬱」、ヘビーな「あたしもうぢき駄目になる」、ほっとする「赤い花の満開の下」が好きだな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

本能の少女・思春期病/YAPOOS

1995年3月4日購入。

ヤプーズの1995年発売のシングル。

「本能の少女」はWOWOWで放送されていた「妖蝶キリコ」のエンディング・テーマ曲。

「思春期病」は戸川純が自分のことを歌っているかのようなヘビーな歌詞の曲。

中原さんの曲だけど平沢進っぽい「本能の少女」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤプーズの不審な行動/YAPOOS

1995年2月18日購入。

戸川純率いるヤプーズの1995年発売のライブ・アルバム。

1993年12月13日、渋谷ON AIRで収録されている。

俺はヤプーズのライブはよく行っていたけど、この日のライブには行っていない。

もっと他によかったライブがあったと思うんだけど、残念ながらこの日のライブの出来はあまりよくないみたいだ。

と言うかメンバー的にもこの時期より前後のバンドの方がよかったような気がする。

ヘビーな「ヴィールス」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他 クルマ2012 クルマ2013 クルマ2014 ダイヤモンド二子山2011 ダイヤモンド二子山2012 ダイヤモンド二子山2013 ダイヤモンド二子山2014 ダイヤモンド富士2012 ダイヤモンド富士2013 ダイヤモンド富士2014 バイク1987 バイク1988 バイク1997 バイク2011 バイク2012 バイク2013 バイク2014 洋楽(A) 洋楽(B) 洋楽(C) 洋楽(D) 洋楽(E) 洋楽(F) 洋楽(G) 洋楽(H) 洋楽(I) 洋楽(J) 洋楽(K) 洋楽(L) 洋楽(M) 洋楽(N) 洋楽(O) 洋楽(P) 洋楽(R) 洋楽(S) 洋楽(U) 洋楽(V) 洋楽(V.A.) 洋楽(W) 洋楽(Y) 洋楽(Z) 邦楽(あ) 邦楽(い) 邦楽(う) 邦楽(え) 邦楽(お) 邦楽(か) 邦楽(き) 邦楽(く) 邦楽(け) 邦楽(こ) 邦楽(さ) 邦楽(し) 邦楽(す) 邦楽(せ) 邦楽(そ) 邦楽(た) 邦楽(ち) 邦楽(て) 邦楽(と) 邦楽(な) 邦楽(に) 邦楽(ね) 邦楽(は) 邦楽(ひ) 邦楽(ふ) 邦楽(へ) 邦楽(ほ) 邦楽(ま) 邦楽(み) 邦楽(め) 邦楽(も) 邦楽(や) 邦楽(ゆ) 邦楽(よ) 邦楽(ら) 邦楽(れ) 邦楽(ろ) 邦楽(わ) 邦楽(V.A.)