カテゴリー「邦楽(V.A.)」の14件の記事

アダムとイヴの林檎/V.A.

通販で購入したCDが2018年5月22日に届いた。

2018年5月23日発売の椎名林檎のトリビュート・アルバム。

メンバーを見てカエラちゃんが参加してるのに驚いた!

レコード会社違ってアルバム発売日が一緒になってチャートを争うライバルだと思っていて、特に仲がいい感じもなかったから。

木村カエラの「ここでキスして。」、私立恵比寿中学の「自由へ道連れ」、LiSAの「NIPPON」、松たか子の「ありきたりな女」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CHATMONCHY Tribute -My CHATMONCHY-/V.A.

通販で購入したCDが2018年3月27日に届いた。

2018年3月28日発売のチャットモンチーのトリビュート・アルバム。

デジパック仕様の初回仕様を買った。

最初タワレコで予約してた時は特典のポスターが付いていたんだけど、ポイント何倍かのキャンペーンで予約を取り直したらポスターが付かなくなっていた。

俺がキャンセルしたポスターが余っているんだからそのまま付けてくれればいいのに大きい倉庫ではそういうことはできないんだろうなぁ。

忘れらんねえよの「ハナノユメ」、CHAIの「Make Up! Make Up!」、Hump Backの「湯気」、グループ魂の「恋愛スピリッツ」、ギターウルフの「東京ハチミツオーケストラ」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エレファントカシマシ カヴァーアルバム3 A Tribute To The Elephant Kashimashi/V.A.

通販で購入したCDが2018年3月20日に届いた。

2018年3月21日発売のエレカシのトリビュートアルバムの第3弾。

なんと元スライダーズのハリーが「ファイティングマン」をカバーしている!

しかももろスライダーズみたいなバンドサウンドで。

他にはLittle Glee Monsterのmanakaの「悲しみの果て」、阿部真央の「リッスントゥザミュージック」、クリープハイプの「さよならパーティー」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エレファントカシマシ カヴァーアルバム2 A Tribute To Elephant Kashimashi /V.A.

通販で購入した未開封新古CDが2018年3月7日に届いた。

2013年12月18日発売のエレカシのトリビュートアルバムの第2弾。

第1弾と比べるとインパクトは少ないか。

BRAHMANの「月の夜」、tacicaの「リッスントゥザミュージック」、曽我部恵一の「デーデ」、グループ魂の「ふわふわ」、Dragon Ashの「さらば青春」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放課後の性春/オナニーマシーン/サンボマスター

2013年8月25日中古CDを購入。

オナニーマシーンとサンボマスターの2003年7月2日発売のスプリット・アルバム。

もちろんサンボマスター目当てで、オナニーマシーンは全然知らなかった。

オナニーマシーンとサンボマスターが5曲ずつ収録されている。

バンド名を口にするのも恥ずかしいオナニーマシーンは青春パンクで歌詞も下ネタのオンパレードだ。

でも結構キャッチーなメロディの曲もあり思わず下ネタの歌詞で口ずさんでしまうのが怖い。

サビメロが最高なあいのりを元に作られたであろう「ラブワゴン」、アップテンポな「ボクはストーカー」、ちょっと切ない「ソーシキ」、「線路は続くよどこまでも」の替え歌の「ポコチン」が好きだな。

サンボマスターの方は後にアルバムに収録されているのとは別のバージョンで荒々しいサウンドになっている。

熱く激しい「さよならベイビー」、疾走感のある「美しき人間の日々」、サビがメロディアスな「手紙」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おんまちベストコレクション 好きですかわさき♪/V.A.

2012年10月31日中古CDを購入。

「音楽のまち・かわさき」推進協議会が川崎市をテーマにした曲を集めて2010年に発売したコンピレーションCD。

大好きなTV番組「saku saku」の中で放送されたヴィンセント & THE 暗黒 MENの30分近い大作「立てよ!川崎市民!川崎7区アンソロジー」が入っていて300円で売られていたので迷わず買った。

別に川崎市に何の思い入れもないけど聴いてみると他にもなかなかいい曲があった。

爽やかな芹洋子の『川崎市民の歌「好きです かわさき 愛の街」』、ポップでメロディアスなvague & ちょきんずの「かわさきのねいろ」、歌詞も楽しいたむらぱんの「そんなことなら川崎市へ行こう」、三姉妹のコーラスが美しいちょきんずの「ずっと川崎」、ほのぼのとする井上侑の「路上ライブの帰り道」、黒幕先生の作曲&プロデュース能力はすごいなと再認識するヴィンセント & THE 暗黒 MENの「立てよ!川崎市民!川崎7区アンソロジー」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンダ リンダ リンダ オリジナル・サウンドトラック/V.A.

2012年3月8日中古CDを購入。

映画「リンダ リンダ リンダ」の2005年発売のサウンドトラック。

もうこの映画を初めて観てから7年も経っているんだ。

女子高生が文化祭でブルーハーツのコピー・バンドをやる話。

俺はこの映画のDVDを持っているがこのアルバムを聴いたら久しぶりにDVDを観たくなった。

元スマッシング・パンプキンズのジェームス・イハのサウンドが心地いい。

パーランマウムの曲はパーランマウムのミニ・アルバムとは違うバージョンでギターをデカパンチョの奥村晴香、ドラムを同じくデカパンチョの伊藤葉子が演奏している。

ということは映画もギターとドラムは本人の音ではなかったのか?

今まで知らなかった。

それだけ演奏の映像が本物みたいだったってことか。

湯川潮音がイギリス民謡とはっぴいえんどのカバーを歌っているのが貴重だ。

田花子役の山崎優子の歌も収録して欲しかったな。

パーランマウムのミニ・アルバムよりワイルドな「リンダ リンダ」、湯川潮音の透き通るアカペラの「The Water is Wide」、湯川潮音のアコースティックな「風来坊」、パーランマウムのミニ・アルバムよりスピード感のある「終わらない歌」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥田民生・カバーズ/V.A.

2012年3月8日中古CDを購入。

2007年発売の奥田民生の曲の2枚組のカバー・アルバム。

奥田民生が依頼した19組のアーティストが奥田民生の曲をカバーしている。

俺は奥田民生の曲はほとんど知らないが木村カエラ、サンボマスター、チャットモンチーが参加していて中古で500円だったから買ってみた。

元のアレンジはわからないけどいい曲が結構あるんだな。

それぞれのアーティストも個性が出ていておもしろい。

斉藤和義のビートルズっぽい「カヌー」、スピッツの透明感のある「さすらい」、GOING UNDER GROUNDの爽やかな「イージュー★ライダー」、The ピーズのルーズな「MOTHER」、チャットモンチーのオルタナな「息子」、GLAYのメロディアスな「野ばら」、ザ・コレクターズの疾走感のある「花になる」、detroit7のワイルドな「月を超えろ」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dear Yuming~荒井由実/松任谷由実カバー・コレクション~/V.A.

2004年9月26日中古品を購入。

1999年発売のユーミンの曲を10組のアーティストがカバーしたアルバム。

俺は特にユーミンが好きなわけではなく、椎名林檎目当てで買った。

最初はラジオで林檎が歌う「翳りゆく部屋」を聴いたんだけど、ユーミンはこんないい曲あるのかって感心したな。

後にエレカシもこの曲をカバーしている。

ホーンやストリングスを使って中期ビートルズ風の椎名林檎の「翳りゆく部屋」、コーラスに渡瀬マキが参加している奥居香の「恋人がサンタクロース」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

a Teenage Symphony compilation vol.2 一期一会 Sweets for my SPITZ/V.A.

2004年8月16日中古品を購入。

2002年発売のスピッツのトリビュート・アルバム。

ドリーミュージックのレーベルTeenage Symphonyからコンピレーション第2弾として発売された。

椎名林檎が参加しているから買ったけど、中村一義とPOLYSICSも参加していたのがうれしかった。

知らない曲も多かったけどスピッツの曲はメロディアスで好きな曲が多いってことがわかった。

最新アルバムの「とげまる」も半分以上好きな曲だったし、思ったよりロックなサウンドで買いたいアルバムだ。

スピッツのアルバムはまだ1枚も持ってないのでベスト盤がないのかなって思ったら、1枚バンドの意思とは関係なく出されたベスト盤が廃盤になっていた。

ベスト盤は解散の時まで出さないとのことで、シングルコレクションが変わりに出ている。

流れるようなメロディをやさしく歌う羅針盤の「ロビンソン」、ヘビーなサウンドの中村一義の「冷たい頬」、ほっとするぱぱぼっくすの「空も飛べるはず」、初めて聴いたが好みの震える声をしているLOST IN BOXの「田舎の生活」、ウクレレで癒されるつじあやのの「猫になりたい」、ニューウェーブなPOLYSICSの「チェリー」、やわらかいポップなアレンジのGOING UNDER GROUNDの「Y」が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他 クルマ2012 クルマ2013 クルマ2014 ダイヤモンド二子山2011 ダイヤモンド二子山2012 ダイヤモンド二子山2013 ダイヤモンド二子山2014 ダイヤモンド富士2012 ダイヤモンド富士2013 ダイヤモンド富士2014 バイク1987 バイク1988 バイク1997 バイク2011 バイク2012 バイク2013 バイク2014 洋楽(A) 洋楽(B) 洋楽(C) 洋楽(D) 洋楽(E) 洋楽(F) 洋楽(G) 洋楽(H) 洋楽(I) 洋楽(J) 洋楽(K) 洋楽(L) 洋楽(M) 洋楽(N) 洋楽(O) 洋楽(P) 洋楽(R) 洋楽(S) 洋楽(U) 洋楽(V) 洋楽(V.A.) 洋楽(W) 洋楽(Y) 洋楽(Z) 邦楽(あ) 邦楽(い) 邦楽(う) 邦楽(え) 邦楽(お) 邦楽(か) 邦楽(き) 邦楽(く) 邦楽(け) 邦楽(こ) 邦楽(さ) 邦楽(し) 邦楽(す) 邦楽(せ) 邦楽(そ) 邦楽(た) 邦楽(ち) 邦楽(て) 邦楽(と) 邦楽(な) 邦楽(に) 邦楽(ね) 邦楽(は) 邦楽(ひ) 邦楽(ふ) 邦楽(へ) 邦楽(ほ) 邦楽(ま) 邦楽(み) 邦楽(め) 邦楽(も) 邦楽(や) 邦楽(ゆ) 邦楽(よ) 邦楽(ら) 邦楽(れ) 邦楽(ろ) 邦楽(わ) 邦楽(V.A.)